カイゼンベース / KAIZEN BASE

3M(ダラリ)とは

3M、3ム、ダラリ
カイゼンベース運営事務局

カイゼンベース運営事務局

メディア運営、メルマガ配信等

2015年に活動をスタートしたカイゼンベース。世界一のカイゼン情報メディアを目指し、日々コンテンツ・記事の拡充やブラッシュアップを行なっています。

プロフィールはこちら

動画で学ぶ「3M(ダラリ)」

3M(ダラリ)とは何か?

生産活動の中には、ダラリと呼ばれる作業があります。「ダラリ(ムダ・ムラ・ムリ)とは何か」、「どんな時にダラリは発生するのか」、「ダラリの事例」について解説しています。

ダラリの意味は?

3M(ダラリ)とは、「ムダ、ムラ、ムリ」の後ろの文字を取ったもののことを言います。

3M(ダラリ)とは-スライド4

ムダとは、付加価値を生まない作業のことを言います。

有名なものには7つのムダがあります。
7つのムダについては、別講義(7つのムダ)で詳しく説明していますので、是非そちらをご覧ください。

ムラとは、各種のバラツキのことを言います。

例えば、下記のものが等が代表例です。

  • Man 技能のバラツキ
  • Material 材料のバラツキ
  • Machine 設備のバラツキ
  • Method 手順のバラツキ
  • Environment 仕事量のバラツキ

ムリとは、何々し過ぎるといったことを言います。例えば、下記のものが等が代表例です。

  • 早過ぎる
  • 重過ぎる
  • 難し過ぎる
  • 遠過ぎる
  • 多過ぎる
  • 高過ぎる
  • 低過ぎる
  • 熱過ぎる

ムダ・ムラ・ムリの例

ムダとムラとムリの例を説明しましょう。

例えば、こんなことはありませんか?
1日の時間の中で、作業量が、ある時間帯はバタバタとしてしまうくらい忙しくなり、ある時間帯は嵐が静まったかのように手待ちが増えるというケースです。

この事例では、1日の中でムリな時間帯やムダな時間帯があり、1日を通してムラが発生している、ということになります。

忙しい時間帯は、仕事の質よりも仕事をこなすこと自体が優先されてしまい、品質を犠牲にしてしまうことになりかねません。

一方、暇な時間帯は、持て余した時間に合わせて作業をゆっくりと行なってしまい、生産性を犠牲にすることになりかねません。

当然これらはあってはいけない状況です。

3M(ダラリ)とは-スライド5

ムダ・ムラ・ムリまとめ

では、最後に、ムダ・ムラ・ムリのまとめです。

ムダとは?

ムダとは、目的が手段より小さい状態のことです。

ムダの対象には、付加価値を加えない作業、例えば、取り置き、持ち替え、並び替え、汚れ取り、手直し、調整、調査、振り向き、過剰な運搬等が挙げられます。

3M(ダラリ)とは-スライド6

ムリとは?

そして、ムリとは、目的が手段より大きい状態のことです。

ムリの対象は、疲れやケガや不良品をつくる原因となる動作や作業、例えば、不自然な姿勢、力のいる作業、高い注意力が必要な作業等が挙げられます。

3M(ダラリ)とは-スライド7

ムラとは?

そして、ムラとは、目的が手段より小さかったり大きかったりする状態のことです。

ムラの対象は、ムダとムリが混在している状態の作業、例えば、作業や出来高のバラツキ、作業待ち、能力と負荷のバラツキ等が挙げられます。

自分の職場において、これらのようなムダ・ムラ・ムリが発生していないか、是非観察をしてみてください。

3M(ダラリ)とは-スライド8

関連コラム

関連学習動画

ページトップに戻る